音声マークアップ言語(SSML)とは。音声読み上げソフトでの使い方と主なコード一覧。

2020年9月30日

こんにちは、音読さんです。

今回はSSMLについて紹介していきましょう。

少しだけ専門用語が出てきて難しく感じるかもしれません。

でも、これを知っておくと、音読さんの使い方が一味もふた味も変わってきます。

わかりやすく解説をしていくのでぜひ、読んでみてくださいね。

SSMLとは

まず、SSMLとは音声マークアップ言語のことです。

種類としてはHTMLと同じようなものです。

このSSMLコードを書くことで音読さんの発声を更にコントロールすることができます。

音読さんでSSMLを使う方法

音読さんでSSMLを使うのはとても簡単です。

音読さんのテキストボックスに直接SSMLのコードを入力してください。

すると自動的にSSMLが適応されます。

文章の初めと終わりに

<speak></speak>

のコードを入れ忘れないようにしてくださいね!<speak>のコードが入っていないと、SSMLは適応されません。

<speak></speak>

前途のとおり、SSMLを有効にするために必要なコードです。

読み上げたいテキストの最初と終わりに必ずこのコードを入れてください。

<speak>ここに読み上げたいテキストを入れてください</speak>

<break time="○○ms"/>

ブレイクタイムのコードはその名の通り、間合いを作るためのコードです。

間合いを入れたいところにコードを入力し、○○の部分を好みの数字に入れ替えてください。

音読さんで普通に読み上げると”間”はありません。

カギカッコや句読点を入れる方法もありますが、それでは思ったとおりの間隔で間を入れることはできません。

間を2秒以上長くしようとすると、コントロールするのは更に困難です。

ですが、

<break time="1000ms"/>

というコードを間を入れたいところにいれてみましょう。

<speak>
この文章を読み上げる時に少しま<break time="1000ms"/>を開けたい
</speak>

すると、んっと一息ついて話をするのがわかりますね。

※ 1000ms=1秒

ms もしくは s の前にある数字を変えることで、”間”の長さは自由自在になります。

200ms = 0.200秒
500ms = 0.500秒
1000ms = 1.000秒
2000ms = 2.000秒
3s = 3秒
10s = 10秒 など

<say-as interpret-as="expletive">○○</say-as>

○○の部分の文章を「ピー」っと放送禁止音で再生します。

ちょっとした遊び心のあるコードですね。このコードで囲っている部分の文字はピーという音に置き換わります。

<speak>
この言葉は<say-as interpret-as="expletive">放送禁止</say-as>です
</speak>

<sub alias="◇◇">○○</sub>

よみがなを降ることができるコードです。

音声読み上げでは時々思わぬ読み上げをすることがあります。

例えば”一行”を「いちゆき」と発音するのを「いちぎょう」とよみがなをふることできちんと発音できるようになります。

コードには○○に漢字、◇◇によみがなを入力してください。

<speak>
一行ではなく<sub alias="いちぎょう">一行</sub>と正しく読む
</speak>

<emphasis>○○</emphasis>

コードで囲んだ文字を強調して読み上げをさせることができます。

<speak>
このコードは<emphasis>強調</emphasis>させることができます
</speak>

<prosody>○○</prosody>

プロソディ(prosody・韻律)とは、自然な英語を話す際の

  • 音の上げ下げ
  • 区切る位置
  • 長さや強弱 など、

言語の音の特徴を表す総称です。

このコードで調整することができるのは

  • rate(レート、早さ)
    調整コード:「x-slow」「slow」「medium」「fast」「x-fast」「default」
  • pitch(ピッチ、高さ)
    調整コード:「x-low」「low」「medium」「high」「x-high」「default」
  • volume(ボリューム、大きさ)
    調整コード:「silent」「x-soft」「soft」「medium」「loud」「x-loud」「default」

の3種類を調整することができます。

<speak>
<prosody rate="fast">早口で話します。</prosody>
<prosody pitch="high">高い声で話します。</prosody>
<prosody volume="loud">大声で話します。</prosody>
<prosody rate="slow" pitch="x-low">遅く、低い声で話します。</prosody>
<prosody rate="fast" pitch="high" volume="medium">早く、高い声で、普通の大きさで話します。</prosody>
</speak>

音声読み上げソフト音読さんです。 音読さんでは無料で最大5000文字までテキストを読み上げられます。 文章は高品質な音声で読み上げられ、MP3としてダウンロードもできます。また、商用利用も可能なのでぜひ音読さんをご利用ください。
HP: ondoku3.com
Email: ondoku3.com@gmail.com
関連記事