サービス利用規約

第1条:本規約

音読さん(本サイト)で販売をしている商品を利用する すべてのお客様(以下「ユーザー」という)及び本サイトを閲覧する すべてのお客様(以下「閲覧者」という)は、以下の利用規約に同意したものとみなします。

第2条:権利義務の譲渡の禁止

当社は、本サイトにおいて提供される各サービス(以下「各サービス」という)及び記事の内容等の正確性に対する保証行為を一切しておりません。また、当社は、利用者が各サービスを利用したことに起因する直接的又は間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。 当社は、本サイト内のすべての情報、記事、画像等に、ウイルスなどの有害物が含まれていないこと、および第三者からの不正なアクセスのないこと、その他本サイトの安全性に関して一切の保証をしないものとします。

第3条:ユーザーIDおよびパスワードの管理

ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。 ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第4条:情報の転載等の禁止

本サイトを構成するすべてのデータ、記事、画像等のすべての著作権は、当社及び画像等の作成者に帰属します。ユーザーが本サービスを利用して投稿または編集した文章,画像,映像等の著作権については,当該ユーザーその他既存の権利者に留保されるものとします。ただし,当社は,本サービスを利用して投稿または編集された文章,画像,映像等を利用できるものとし,ユーザーは,この利用に関して,著作者人格権を行使しないものとします。 前項本文の定めるものを除き,本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属し,ユーザーは無断で複製,譲渡,貸与,翻訳,改変,転載,公衆送信(送信可能化を含みます。),伝送,配布,出版,営業使用等をしてはならないものとします。 前項に違反して本サイトに掲載の情報等を無断で転載した場合、当社は、同違反者に対し、著作権法に基づく各処置(警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等)を行います。

第5条:権利の帰属

本サイトを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、商標及び商号ならびに当社及び当社が業務提携する事業者等が提供するサービス、商品及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当社が業務提携する事業者等、プログラム等の権利者又は情報提供者等に帰属するものであり、利用者等は、同権利等を侵害する行為を一切行ってはなりません。 利用者等は、本サイトを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア等に対して侵害行為及び改造行為等を行ってはなりません。 本条の規定に違反して紛争が発生した場合、利用者等は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、いかなる場合も当社を免責するものとします。

第6条:保証の否認および免責事項

当社は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。 当社は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。 前項ただし書に定める場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は,ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。

第7条:サービス内容の変更等

当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容の変更を要請することがございます。ユーザーは、当社の同要請を拒絶できないものとします。

第8条:各サービスの一時的な停止

当社は,以下の場合には,事前の通知なく、一時的に各サービスの提供を停止することができるものとします。各サービスの停止による直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について、当社は、その内容、態様の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。 各サービスの稼動状態を良好に保つため、当社のシステム保守、点検、修理などを行う場合。 火災、停電による各サービスの提供ができなくなった場合。 天変地異などにより、各サービスの提供ができなくなった場合。 その他、運用上または技術上、各サービス提供の一時的な停止を必要とした場合。 当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第9条:サービスの終了

当社は、利用者に対し7日前までに通知を行うことにより各サービスを終了することができるものとします。 前項の各サービス終了の通知について、当社は、利用者及び閲覧者に対して本サイト内への掲示をもって行うものとします。 第1項の各サービス終了によって直接又は間接的に生じた、利用者又は第三者の損失や損害について、その内容、態様の如何に係わらず、当社は、同利用者又は第三者に対して一切の損害の責任を負いません。 サービスをご利用いただけなくなった日に起算して日割りでの返金手続き、解約手続きを行うものとします。

第10条:準拠法・裁判管轄

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

第11条:利用者の行為

当社は、本サービスをユーザーにインターネットを経由して提供します。インターネットに接続するためのあらゆる機器、通信手段、ソフトウェア等は、利用者が自らの責任と費用において、適切に設置及び操作しなければなりません。同操作等について当社は一切の責任を負いません。 利用者は、利用者のインターネット接続環境等によって、本サービスを利用又は閲覧するために通信費等が別途必要となることに同意し、同通信費等の一切を同利用者が負担するものとします。 利用者は、利用者のインターネット接続環境等によって、本サービスの一部を閲覧又は利用できない可能性があることを予め了承するものとします。

第12条:利用料金

ユーザーは,本サービス利用の対価として,当社が別途定め,本サイトに表示する利用料金を,当社が指定する方法により支払うものとします。 ユーザーは当社に対し、利用料金をその支払期限までに支払うこととします。

第13条:本規約の変更

当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。改定後に利用者が各サービスを利用した場合には、改定に同意したものとみなします。なお、本利用規約を確認せずに生じたユーザー及び第三者に与える損害については、その内容に係わらず、当社は一切の責任を負わないものとします。

第14条:登録

利用者は、会員登録時に限らずいつでも、本サービスを利用するにあたって虚偽の登録を行ってはならず、正確かつ真実の情報を登録しなければなりません。 会員登録申込者は、以下のいずれかに該当する場合には、会員登録を行ってはいけません。また、当社は、会員登録申込者が以下のいずれかに該当すると当社が判断した場合、会員登録を承認しないことがあります。当社が会員登録を承認しないことによって会員登録申込者又は第三者にいかなる損害、損失又は費用等(直接損害、間接損害、偶発損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害、逸失利益、弁護士費用等を含みますが、これらに限りません)が発生したとしても、予見できたか否かを問わず、当社は一切の責任(契約責任、不法行為責任に限らず、その他いかなる法理論に基づく責任も含みます)を負いません。 会員登録申込者が、会員登録手続時に虚偽の事項を登録した場合 会員登録手続時において、会員登録申込者がすでに本サービスの会員である場合 会員登録申込者が、過去に当社から会員資格の一時停止、強制退会又は本サービスの利用の制限等の措置を受けていた場合 会員登録申込者の故意又は過失があったかにかかわらず、過去に本サービスに関連して他の利用者又は第三者との間で紛争(裁判だけでなくクレームや請求などあらゆるトラブルを含みます)が生じていた場合 会員登録申込者が、本規約に違反する行為を現に行い、又は行うおそれがある場合 会員登録申込者が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等、暴力、威力もしくは詐欺的手法を用いて経済的利益を追求する者、又はこれらに準ずる者(以下、「反社会的勢力」と総称します)に該当し、又は次のいずれかに該当することが判明した場合 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的を持つなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること 役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること 当社又は利用者に対して、自己又は自己の関係者が反社会的勢力である旨を述べたことがあること 当社又は当社の関連会社の提供する本サービス以外のサービス(以下、「他サービス」といいます)において、会員登録申込者が、以下のいずれかに該当する場合 過去に会員資格の一時停止、強制退会又は他サービスの利用の制限等の措置を受けていた場合 会員登録申込者の故意又は過失があったかにかかわらず、過去に他サービスに関連して他の利用者又は第三者との間で紛争(裁判だけでなくクレームや請求などあらゆるトラブルを含みます)が生じていた場合 会員登録申込者が、他サービスの規約(利用規約、各種特約、お客様情報の取扱規程(プライバシーポリシー)、各種利用ガイド、利用上の注意、ヘルプ、FAQ等を含みます)に違反する行為を現に行い、又は行うおそれがある場合 会員登録を承認することが、当社の業務の遂行上又は技術上支障をきたすおそれがある場合 前各号の他、当社が適当ではないと判断した場合 会員が本条の定めに違反したことにより生じたいかなる損害、損失又は費用等(直接損害、間接損害、偶発損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害、逸失利益、弁護士費用等を含みますが、これらに限りません)に関しても、当社は、予見できたか否かを問わず、一切の責任(契約責任、不法行為責任に限らず、その他いかなる法理論に基づく責任も含みます)を負いません。

第15条:秘密保持

本規約において「秘密情報」とは、サービス利用契約又は本サービスに関連して、当社又は登録ユーザーが、相手方より書面(電磁的方法を含みます。以下、本条において同じ。)、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下の各号に該当するものは、秘密情報に該当しないものとします。 相手方から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの 相手方から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの 秘密情報によることなく単独で開発したもの 相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの

当社及び登録ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。 前項の定めにかかわらず、当社又は登録ユーザーは、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければなりません。 本条の秘密保持義務は、サービス利用契約の終了後1年間存続するものとします。

第16条:禁止行為

利用者は、本サービスを利用するに当たって、以下の行為を行ってはなりません。 法令の定めに違反する行為またはそのおそれのある行為 公序良俗に反する行為 弊社オペレーターの名誉・プライバシーの侵害、誹謗中傷、その他の不利益を与える行為 またはそのおそれのある行為 弊社のサービス業務の運営・維持を妨げる行為 本サービスの利用目的と無関係な問い合せや要求行為 本サービスの契約者以外からのサポートに関する問い合せや要求行為 本サービスにおいて利用しうる情報を改ざんしたり、誤った情報を提供する行為 有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込む行為 サーバその他弊社のコンピュータに不正にアクセスする行為 アダルト、暴力、差別、誹謗中傷等、公序良俗に反するコンテンツでの利用. 音読さんで作成した音声を、そのまま、もしくは加工して、再配布すること. 音読さんで作成した音声が、自身の著作物であるかのように誤解を与える行為. 例:音読さんで作成した音声について、自身が一から制作したかのように誤解を与える言動をとること. 例:SNSなどに、音読さんで作成した音声をメインの制作物として投稿すること. 弊社が損を被る行為. 一人が複数のアカウントを作成する行為. 捨てメールアドレスの使用. 音読さんの音声をメインとした制作物、商品等を販売もしくは配布すること. ※ ※その制作物・商品等の価値の大部分が、音声によって担われている場合を指します. 例:セリフ集、挨拶集などの音声素材など. 商用、非商用問わず、キャラクター権利元の公式コンテンツのような誤解を招く利用。 音読さんの音声を使用したキャラクターを用いてテレビ番組などで芸能活動を行う行為. 個人としての利用ではなく、キャラクターをタレントとし芸能活動を行うこととなるので、その用途は認められていません。 例:テレビ番組に音読さんの音声を使ったキャラをタレントとして出演させる。 利用者は、前項に掲げる禁止行為を行った場合、当該禁止行為により損害を受けた利用者又は第三者に対する損害賠償責任を含む一切の責任を負うこととし、利用者に故意又は過失があったかにかかわらず、当該責任から当社を免責します。当社は、当該禁止行為により生じるいかなる損害、損失又は費用等(直接損害、間接損害、偶発損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害、逸失利益、弁護士費用等を含みますが、これらに限りません)に関しても、予見できたか否かを問わず、一切の責任(契約責任、不法行為責任に限らず、その他いかなる法理論に基づく責任も含みます)を負いません。 利用者が本条第1項に掲げる禁止行為を行ったことにより、当社が損害、損失又は費用等(直接損害、間接損害、偶発損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害、逸失利益、弁護士費用等を含みますが、これらに限りません)を被った場合(第三者から当社に対して損害賠償責任の追及がなされた場合も含みます)は、利用者はこれらを賠償し、補償しなければなりません。 本条第1項の禁止行為に該当すると当社が判断する行為が行われた場合又はその他の理由で当社が必要と判断した場合には、利用者に故意又は過失があったかにかかわらず、当社は、事前の通知なく、禁止行為による損害の発生や拡大を防止する措置その他当社が適切だと判断する措置(利用者により自己の権利を侵害されたとする者からの利用者に関する情報の開示請求に応じる行為も含みます)をとることができます。このような措置をとることによって利用者又は第三者にいかなる損害、損失又は費用等(直接損害、間接損害、偶発損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害、逸失利益、弁護士費用等を含みますが、これらに限りません)が発生したとしても、予見できたか否かを問わず、当社は一切の責任(契約責任、不法行為責任に限らず、その他いかなる法理論に基づく責任も含みます)を負いません。