音声読み上げソフトの活用事例、使って顧客満足度をアップさせよう

2021年1月17日

音声読み上げソフトの活用事例、使って顧客満足度をアップさせよう

音声読み上げソフトは、私たちが思っているよりもはるかに身近なものです。

最近のもので有名なものといえば

  • Amazon Alexaや、
  • Google Home

といった、AIアシスタントがあります。

AIアシスタントは質問をすると、返事をしてくれますよね。

だからといって、中に人間が入っていて返事をしているのではありません。

音声読み上げソフトの活用事例をご紹介していきます。

音声読み上げソフトとは

音声読み上げソフトとは、テキストや文字などのドキュメントを音声に変換して読み上げてくれるソフトウェアです。

日本語での読み上げはもちろん、英語や中国語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語などの多言語に対応した物もあります。

音声のスピードを自由に変更することができたり、.mp3などのオーディオファイルでダウンロードすることができるものもあります。

音声読み上げの合成について

AIアシスタントの音声は、音声読み上げソフトで合成されて作られています。

例えば、AIアシスタントが「今日の天気は晴れです」という返事をするとします。

機械の中では「きょ・う・の・て・ん・き・は・は・れ・で・す」と返事をする文字を瞬時に組み立ています。

そして、一文字ずつの「音」を呼び出し発声することで、「今日の天気は晴れです」とゆう返事を音声として出力することができます。

ただ、1文字ずつの発声ではあまりにも不自然なので、ソフトの内部で

  • 音声処理や、
  • 音声加工

などがされて、できるだけ人が本当に発音をした言葉に近くなるように装飾をしています。

具体的にはイントネーションやつなぎ目などです。

音声読み上げソフトによって、イントネーションやつなぎ目の装飾が異なります。

なので音声読み上げソフトを提供している会社によって、音声の”聞き取りやすさ”や”使いやすさ”の感じ方が異なります。

音声読み上げソフトを必要とするシーン

音声読み上げソフトは、一般的には

目の不自由な人や、

細かい文字を読みづらい高齢者

などに、必要とされていると考えられる人が多かったです。

ですが実際には私たちが思っているよりもたくさんの場面で必要とされています。

導入事例などを見てみるとその必要とされているシーンが顕著にわかります。

音声読み上げソフトの活用事例

  1. 留守番電話サービスなどの自動音声として
  2. Youtubeなどの動画のナレーションとして
  3. 目が不自由な方の手段として
  4. 緊急アナウンスとして
  5. ラジオ的な役割として

1. 留守番電話サービスなどの自動音声として

フォーマットの決まっている

  • 留守電話の応対、
  • 自動音声での電話案内サービス、
  • 社内研修用のビデオ音声、

など、定型文の文章を読み上げるものに音声読み上げソフトが使用されています。

調性を加えることでより一層、実際に人が話をしているのに近づけることができため、電話などの音質では人間の声と大差が出ないレベルになっています。

2. Youtubeなどの動画のナレーションとして

Youtubeが人気になると同時に、Youtubeで使うナレーションとして音声読み上げソフトを使う事例がとても多くなりました。

「ゆっくり」という動画でもナレーションは音声読み上げソフトを使われています。

また、テレビ番組でもナレーションに音声読み上げソフトが使われる例もあります。

3. 目が不自由な方の手段として

目が不自由な方は、そこに文章があってもサポートがないと読み上げることができずらいです。

そこで昔から使われているのが、音声読み上げソフトです。

私の知り合いはいつも4倍速で聞いていました。すごい…。

4. 緊急アナウンスとして

音声読み上げソフトはJ–ALERT(全国瞬時警報システム)でも用いられているって知っていましたか?

緊急災害の混乱時に、住民へ避難を呼びかけるために町内放送をするのはとても重要なことです。

ですが、放送をするにあたりその場に人がいる必要がありました。

それが今では、音声読み上げソフトで放送をすることができ、スタッフの安全性を守ることができ、他の作業をすることもできます。

5. ラジオ的な役割として

”ながら聞き”というのはご存知ですか?

家事をしながら、通勤をしながら、など、別のことをしながら耳では別の情報を取り入れることです。

”ながら聞き”に特化したサービスが、朝日新聞から出ている「アルキキ」です。

その日の大事なニュースを約5分できくことができるという忙しい人にはピッタリのサービスです。

このニュースを読んでいるのは、人間ではなく音声読み上げソフトなのです。

音声読み上げソフトは身近な存在に

音声読み上げソフトはみんなが思っているよりも、実はもっと身近な存在です。

「機械音みたいで苦手」

「聞き取りにくい」

というふうに思っている人も多いですが、最近では調性も改善されていて、どんどん人間らしく話をすることができるようになっています。

また、音声読み上げというのは思っているよりも便利なものです。

例えばこのブログでも、

  • 黙読する、
  • 音声のみで聞く、
  • 音声を聞きながら目で文章を追いかける、

では、全く読みやすさや頭へ入ってきやすさが異なります。

人間は五感を使えば使うほど印象に残りやすくなるという研究結果もあります。

音読してくれるというのはとても便利なものなのです。

例えばブログなどにも音読機能をつけることで、「このブログは音読してもらえる」という付加価値が付きます。付加価値は顧客満足度向上につながります。

便利なものは、人に受け入れてもらいやすく、広がりやすいです。

今後大きく「音声読み上げ」サービスは普及していくでしょう。

音声読み上げソフト音読さんです。 音読さんでは無料で最大5000文字までテキストを読み上げられます。 文章は高品質な音声で読み上げられ、MP3としてダウンロードもできます。また、商用利用も可能なのでぜひ音読さんをご利用ください。
HP: ondoku3.com
Email: ondoku3.com@gmail.com
関連記事

音声読み上げソフト音読さん。インストール不要で誰でも無料で利用できる音声読み上げサービスです。